キャンプ

ソロキャンプ派に!DODのライダーズバイクインテントのススメ

そろそろボーナスですね♪一度くらい30万円!!!って大金を貰ってみたい・・・(´・ω・`)ども、たまご(@tamago_kakeibo)です。

 

 

最近、キャンプ熱が上がってきて、キャンプネタが続いています。ご勘弁ください。笑

 

 

今回はソロキャンプを始めるにあたって、完全にわたしの好みにあったテントを見つけました。タイトルにもあるDOD(ドッペルギャンガー)ライダーズバイクインテントです!なぜソロキャンパーにオススメするのか、解説していきたいと思います(*‘∀‘)

 

 

DOD(ドッペルギャンガーアウトドア)とは?

引用元:DOD公式HP

 

DODDOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)の略で、うさぎさんのマークが印象的なブランドです。2018年2月よりブランド名称が現DODに変わりました。

 

CONCEPT(コンセプト)

アウトドアをワクワクするソト遊びに。
「アウトドア」と言うと難しく感じますが、つまりは「外で遊ぶこと」。
難しいことを考えなくても、外でご飯を食べたり、寝たりするだけで子供みたいにワクワクできる。
だから、私たちはアウトドアをするんだと思います。

ワクワクさせるようなユニークな製品。
ビギナーでも簡単に使える構造。
ファッション性の高いデザイン。
買いやすい価格。
イメージが膨らむWEBページ。

これらを通してアウトドアをもっとユルくてワクワクする場所にする。
そして、外で遊ぶハッピーな大人を増やすこと。
それがDODのミッションです。

引用元:DOD公式HPより https://www.dod.camp/concept/

本当にそのテーマ通りで、ホームページを見ていても非常におもしろい会社だと思います。人気なのも非常に納得です(*´ω`)

 

 

 

購入に至った理由

 

なぜDODのライダーズバイクインテントを買おうと思ったのか。なぜソロキャンプを始めようとしている人にうってつけなのか。簡単に説明していきたいと思います^^

 

 

ワンタッチ設計で設営がカンタン♪

ソロキャンプはその名の通り”おひとり様”のため、ひとりでテントを設営できることが大前提となります。このライダーズバイクインテントでは、ワンタッチ式のポールを採用しており、設営が超簡単

 

素早くテントを組み立てることができるのは、初めてソロキャンプをする人にとっては精神的にも助かりますよね。笑

 

 

 

流行りの2ルームテント仕様


こんな感じで本来はバイクをリビングに入れるらしい・・・

 

昔のキャンプといったら、ドームテント+タープが主流でした。2019年現在の主流としては、寝室とリビングが1つのテントを立てるだけで出現する、いわゆる2ルームテントが主流となっています。

 

メリットとしては、設営が楽なこと。ひとつ立ててしまえば「リビング」と「寝室」が一気にできあがります。極力設営の手間を軽減することができるといえますね(‘ω’)

 

前室がかなり広いので、フルクローズしても中に椅子を立てて座って食事をとることができる。そのぐらい広いんです!私は大自然の中、優雅に椅子に座りながら本を読みたい( ^ω^)・・・くっそ贅沢w

 

 

 

小さなテントサイトにも対応できる!?


昨今のキャンプブームに伴い、テントを立てることができる場所も増えてきています。キャンプ場も商売ですので、少しでも多くのお客様をいれるため、区画(テントサイト)が小さくなってきているようです。

 

 

でも、ご安心ください。

 

このテントはコンパクトなサイズ感なので、たとえサイトが小さくても安心して建てることができます。

 

 

 

インナーテントを外せばタープになる

インナーテントが吊り下げ式なので、インナーテントを外せば広々とした空間が生まれます。

 

「インナーテントで寝泊まりしないわ」

 

という人であれば、いっそのこと外してしまってレジャーシートやコットを置いてもOK!使い方、遊び方の自由度が上がります(‘ω’)

 

 

小窓があり通気性がよい

キャンプといえば夏、夏といえば暑い・・・せっかくテントを立てても、風通し最悪でムシムシのサウナ状態だったらどうしようもないですよね。

 

このテントは小窓が付いており、インナーテントもメッシュが施されているので虫の侵入を防ぐことができます。大概1万円以下のテントって、こういう細かい配慮がされていないんですよね。快適に過ごすために、空気の入れ替えがしやすい小窓はあった方がいいです。備えあれば憂いなしとはまさにこのこと。

 

 

急な雨にも安心な耐水圧

耐水圧は驚異の3000mm!だいたいコールマンさんのツーリングドームは1500mmが一般的です。ウェザーマスターシリーズですら3000mmの耐水圧。あのお高級テントと並ぶ耐水圧なので急な雨にも安心のスペックとなっています。

 

山の天候は変わりやすいもの。これだけのスペックを持ったテントであれば安心して過ごすことができますね(^^♪

 

 

見た目や色がおしゃれ


この商品は2色展開になっており、カフェラテのようなカラーのタンが特にかわいい!!昔から高い人気を誇るスノーピークの代表的カラーもコヨーテ色で統一されています。

 

 

 

収納がコンパクトになる

ツーリングの方向けに作られた製品なので、非常にコンパクトに格納できます。私の場合は車に積んでしまうので、収納の大きさに関してはさほど気にしていませんが、コンパクトであるに越したことはありません。
アウターの袋に圧縮ベルトがついているので、収納時に発生した空気を抜くことができるため、撤収時に無駄がありません(*‘∀‘)

 

 

2人でも過ごすことができる

急に友達や恋人とキャンプに行くことになっても大丈夫。こんなにもコンパクトなのに、2人で寝ることができるようになっています。

 

 

 

 

 

まとめ:ベスト・オブ・ソロキャンパーズテント!

そういっても過言ではないと思います。私のワガママな条件をほぼ網羅してくれているテントはこれしかないです♪

 

この商品、狙っていたのですが売り切ればかりで全然手に入りませんでした。オークションやフリマサイトでもプレミアがついていたくらい・・・。

 

しかし!2019年6月になってリニューアルして再販してくれました!!(/・ω・)/

 

気になるリニューアル内容はこちら♪

 

\ 2019年6月リニューアル内容 /

インナーテントの室内空間をより快適にしたこと

タンカラーの色味変更

ジョイントパーツの強化

グランドシートが付属

 

特に4番目のグランドシートの付属がさりげなく嬉しすぎる・・・♡地味に高いんですよねーグランドシートって。

 

 

使用後レビューもしますのでお楽しみに。興奮してきたー^^

 

ついに!デビューしましたw

 

初心者ソロキャンパーに最適!DODライダーズバイクインテント使用後レポ小腹空いたので家に残っていた冷凍ポテトを炒めたら大惨事。ども、たまご(@tamago_kakeibo)です。 「フ...

 

 

 

にほんブログ村 アラサーOL
にほんブログ村 30代一人暮らし
ブログランキング・にほんブログ村へ

こんな記事もおすすめ

POSTED COMMENT

  1. ポン吉 より:

    こんにちは。いよいよ本日、納車されました~。
    まだ設定とか機能が多すぎて、SDAの確認にすらたどりつけない。。。電動車両サポートカードも、今日届きましたが、お試しは月曜午後に会社の帰りに三菱Dに寄って初使用してみます。
    Camp懐かしいな~、ン十年前の学生のころお金がなく、バイク乗りだったので、当時住んでいた甲府から、北海道沖縄除く、ほぼ日本中、ツーリングテント持ってツーリング三昧でした。東北のバス停に野宿したこともあります。ドア付きの小屋だったりするんですよねー東北バス停
    スナフキン大好きですが、最近は野宿はしてませんが、いいなー、空と大地に囲まれた生活、DODなんて知りませんでした。  「デカトロン」も最近、お勧めです。野宿流行りなのかな
    ?ググってみてねー。

  2. […] 最近、キャンプネタばかりでしたので、たまにはww […]

  3. […] 以前、DODのライダーズバイクインテントを買ったのに、いっっっっっっっっ回も広げてすらいない!こんなにも事前準備や勉強をしているのに(´;ω;`)ウゥゥ […]

  4. […] さて。遅れましたが、この連日の雨の中、奇跡的に休日に晴れたので首をながぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーくして待っていたDODのライダーズバイクインテントを使ってみました。 […]

  5. […] ソロキャンプ派に!DODのライダーズバイクインテントのススメ […]

  6. […] 私の持っているテント、DODのライダーズバイクインテントは現在流行りのツールーム仕様です。ひとりで使う分には全く問題ありません。しかし、デュオキャンプ以上で使用する場合はこのタープが物凄い便利です!!! […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です