キャンプ

安くて便利!イグニオ IGNIO ヘキサゴン型タープを買ってみたレビュー

秋雨前線登場!ども、たまご(@tamago_kakeibo)です。

 

先日の台風で甚大な被害が出ております。亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

 

 

さて。今回は私が欲しいタープが売り切れていたので、とりあえず買ったイグニオのヘキサゴンタープの使用感をレビューしたいと思います^^

 

 

 

 

買ったものはコチラ

イグニオ IGNIO ヘキサゴン型タープ

◇組立安さとお手ごろサイズ ヘキサゴン型タープ

■素材:
ポリエステル・スチール

■生産国:中国

※予告なしでパッケージなどのデザインや商品のカラー等が変更になる場合があります。
※商品画像のカラーにつきましては、ご利用のパソコン等環境によって実物と多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

引用元:楽天市場より

 

 

 

そもそもイグニオとは?

アルペングループの「THE POWER OF COMFORT」というコンセプトの元、日々進化を遂げているプライベートブランドのひとつです。

イグニオ ブランドコンセプト

それは、心とからだが本当に求めていた心地よさ。

現代を生きるすべての人に快適さと美しさ、

そして自由を届けるために誕生したブランド、

それが「IGNIO」(イグニオ)です。

引用元:アルペングループHP https://www.alpen-group.jp/ignio/concept/

コスパがよくて、商品によっては重宝できるものもあります。

 

 

その中でもキャンプ用品は結構面白いものがある割には、公式ネット販売では大して詳細もなく、情報が少ないものが多いです。愚痴・・・w

 

 

そこで、今回買ったイグニオのタープの詳細をレビューしたいと思います。

 

 

 

早速使ってみた

 

サイズ感

収納時のサイズ感は、ホームセンターとかで売っている1000円前後の折り畳みチェアくらいの大きさとなっています。

 

 

 

いざ。設営し広げると400×400の大きさ。ポールの長さは、220cmです。身長高い人でもゆったりとタープ内で過ごすことができます(*‘∀‘)

 

収容人数はだいたい4~5人くらいはいけますね。

 

 

はと目部分は6つなので、付属のポール以外にポールを追加することでタープのかたちを自在に変えることができますよ。

 

 

 

 

 

重さ

付属の紙には、約3.3㎏と明記。

 

私が持っているテントは5kgほどなので、大して変わらないくらいの重さになっています。

 

 

 

 

 

使ってみてわかったメリット

メリット1:ポール2本とペグ、幕のセットなのに安い!

セット内容は・・・

テントポール:19cmスチール・長さ220cm 2本

ひき紐:長縄→4本 短縄→4本 の合計8本

ペグ:10本

収納袋

 

以上がセット内容となっています。これだけで設置できますね^^

 

 

オレンジ色がメインポール用の長縄。グリーン色がサブ用の短い縄となっています。

 

 

他の製品ですと、ポールが付属していなかったり、同じセット内容でも値段が倍ぐらいすることがありますが、このイグニオのタープは安いですよね。

 

 

 

 

メリット2:色がナチュラルカラー

薄めのナチュラルカラーなので、今流行りのコヨーテカラーのテントにも合せやすいですよねぇ(*´з`)

 

違和感なくマッチします^^

 

 

 

 

メリット3:ひとりでも割とカンタンに立てることができた!

 

説明書には2人以上で設営してくださいと明記していましたが、意外と簡単にできました。というのも、私の大好きDODのHPを暗記するくらい見まくっていたからですww

 

DOD ヘーキサタープ設営方法

https://www.dod.camp/product/tt5_582_tn/

引用元:DOD公式HPより

 

 

 

 

目に焼き付けるくらい見たことにより、自然と覚えちゃいましたw付属の取り扱い説明書よりもわかりやすかったです。さすがDOD・・・(‘ω’)

 

 

 

使ってみて思ったデメリット

デメリット1:製品詳細が書いていないので素材がわからない

通常であれば、150Dポリエステルなど製品の記載がパッケージに書いてあるのですが、一切書いていないのでよくわかりません。(笑)耐水圧は1500mmと書いてあるので、雨には強そうですw

 

安いから仕方がないのでしょうが、少し幕が薄いように感じました。

 

ただし、薄いからと言って日差しを凌ぐことができないわけではありませんよ。まだまだ残暑が厳しい9月のキャンプで使ったのですが、バリバリ現役でした!!

 

日よけ大事!!!w

 

 

 

デメリット2:白っぽいから汚れが目立つ

そう。くすんだホワイトカラーなので、汚れが目立つんですwww

 

雨が降った後のサイトや、砂地のサイトでは特にそう感じます。

 

ペグダウンするときに一度幕を地面に置くのですが、この過程で砂や泥がうっすらついてしまうんです!!!

 

たまご
たまご
汚れのこと全然考えてなかったww

 

秋の時期も朝露などで幕内に水滴がつきやすくなるので、特に撤収の際はご注意くださいw

 

 

 

デメリット3:付属のペグが残念すぎる

付属のペグがマジで残念なんです(;´Д`)

 

 

くっそ安っぽい造りのペグなので、湖畔サイトなど石混じりのサイトでは太刀打ちできませんww

 

なので、万能な鍛造ペグを常備しておきましょう。笑

 

オススメはスノピのソリステ!!

 

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥351
(2020/04/08 17:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

総評:手始めのタープとしてはおすすめ!!

私の持っているテント、DODのライダーズバイクインテントは現在流行りのツールーム仕様です。ひとりで使う分には全く問題ありません。しかし、デュオキャンプ以上で使用する場合はこのタープが物凄い便利です!!!

 

タープを使う上での注意点

設置するスペースがある程度広さがないと設営が厳しいです。

設営時は事前練習をした方がいいかと思います。

キャンプ場によって別途料金がかかる可能性があります。

上記はチェック必須です!(*’▽’)

 

キャンプ場にいって「およよっ」とならないように。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。キャンプにも流行り・廃り(すたり)がありますが、やはりタープって、かっこいいし、「Theキャンプ!」って感じですよね^^

 

 

 

このブログが誰かのお役に立てればうれしいです(*´ω`)ではー

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村 ソロキャンプ
にほんブログ村 女性ドライバー
にほんブログ村 30代一人暮らし

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です