プロフィール

私はこうして借金をしました。

現在の借金総額と借金の生い立ちをご説明します。

たまご助手
たまご助手
「借金をする」ことは生きていく上で、誰しもが通る道だよね。
できることなら借金はしたくない・・・

 

もくじ

借金の生い立ち

私は高齢夫婦のもとに生まれてきたため、貧乏でした。

 

生まれたときは市営団地で暮らしており、当時父親は自営業で運送会社を個人で行い、母親はパートでガソリンスタンドに勤め、生活を切り盛りしていました。

 

 

借金その①奨学金で合計418万円の借金

私が大学の進路で進学か就職かと迷っていたとき、父親はすでに71歳、母親は54歳でした。大学に行くためのお金はもちろんなく、父親は「女なんてすぐに結婚するから大学なんぞいかんでいい。ましてやそんな金もない。働け。」の一点張りでした。

 

当時、学校の先生になりたかった私は父親の年齢とか今後の生活など頭の片隅にもなく「大学にいくの!」とワガママを突き通してお金のあてもなく、大学に進学することを決意。

 

入学金などは母親が貯めていたお金を切り崩し、第一志望は見事に落ち三流大学に無事入学。入学後に「奨学金」という制度を知り、私はわらをもすがる勢いで大学の進路相談室に行きました。

 

高校での成績はそこそこだったのと、両親が低収入だったため審査には何も引っかからずに「第一種奨学金」にて243万円を無事に借りることができました。

 

大学入学後たくさんバイトを行い、気づいたら週7日でバイトを行っており学校に行かなくなりました。1年過ぎたくらいから家計も非常に苦しくなってきたので、「第二種奨学金」を借りることを決意しました。

 

この時も審査は華麗にスルー。無事「第二種奨学金」にて175万円の借金が誕生しました。

 

 

借金その②車購入にて240万円の借金

このブログでもよく登場してくる(であろうw)アウトランダーPHEVの購入時に借金しました。

 

前回まで乗っていた車が8年16万キロということで次回車検時に「車検費用+20~30万円の修理費がかかる」といわれていたので、よし!車を変えよう!と決意。

 

当初は250万円くらいの車を買おうと予定してたのですが、アウトランダーPHEVの魅力に心奪われ、予定額の+100万円にて購入。

もちろん、何が起こるかわからないこの年で250万も借金するなんて正直恐ろしかったです。

 

「本当に大丈夫なのか」

「仕事は辞めないか」

「病気したらどうなるのか」

など、たくさん考えました。笑

 

しかしながら「今、これに乗りたい!」という欲に負け、あっという間に240万円の借金をしました。

 

とりあえず、今売ると査定額は250万円くらいになりそうなので、今のところギリギリ借りているお金はペイできそうです。生活していく上で必ず必要なものなので、動く貯金だと思ってポジティブに過ごすことにしていますよ。笑

 

 

 

月々の返済額

返済額は以下のとおりです。

奨学金に関しては19,000円×約20年

車代金に関しては31,000円×5年(ボーナス時増額あり)

 

トータル

50,000円/毎月

 

たまご助手
たまご助手
毎月5万円の支出ってデカイよね!
前倒しの返納ができるといいね!

 

現時点での残金

奨学金に関しては約200万円の返済は済。1年に1度来る返済証明書のようなものを捨ててしまったので、現時点であといくらか、明確な数値がわかりません;^^

ざっくりわかるのは残り230万円くらいということ。

車代金に関しては満額240万円

 

両方の借金金額の合計は470万円になりました。汗

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

借金をすることはとても簡単です。しかし、金額だったり返済の予定額などをしっかり考えたうえでお金を借りないと後々大変なことになります。

1日でも早く借金返済ができるように、まずは収支の見直しを行っていこうと思います。みなさまお付き合いくださいませ。笑

 

このブログを読んでくださっている方に「読んでよかった!」と思っていただけるような有益な情報が提供できるたらなぁと思います。

では。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です